東京スター銀行ってどんな銀行ですか?

 

東京スター銀行ってどんな銀行ですか?

 

東京スター銀行の「お金学」とは

 

東京スター銀行のホームページには、東京スター銀行が提唱する「目からウロコの納得のお金学」というぺージがあります。このお金学では、まず「正しい知識を身に着け」、「シンプルでスマートな考え方」を知って、一緒に問題の解決を図りましょう、「どんな心配からも解放する方法がきっとあります」と呼びかけています。

その方法とは、第一に「普通預金を預けすぎない」こと。「何かあったら困るから、いつでも引き出せるように」と、普通預金のお金は預けっぱなし状態になりがちです。しかしそのままでは安心感は保てても、低金利の普通預金ではお金を増やすことはできません。東京スター銀行では生活費の3ヵ月分があれば、急に収入が無くなっても失業保険を受け取るまでの間の生活に困ることはない、と計算しています。それ以外の普通預金を定期預金に預け替える、という実にシンプルな考え方で資産を増やすことはできるのです。

そして第二に、定期預金の選び方も預け方もカシコクなければなりません。定期預金は預入期間が長いほど金利も上がります。しかし満期までが長いと、いざという時に使えず不安です。「長い預入期間で高金利」と「いざという時のために満期までを短く」という、相反するその両方をかなえるのが「ラダリング」という預け方です。資産を分散して、満期が来たものから最長の満期に自動で預け替えていくことで、不意の出費にも対応しやすく、しかもひとまとめで一定期間預けるよりも「高い金利」を手に入れられます。経済の変化で急に金利が上がるなど、景気の変動にも対応しやすいというメリットもあります。

そのほか「保険の見直し」や「将来必要になるお金」の話、住んでいる自己名義の自宅を担保にした「リバースモーゲージ」という融資の話など、確かにナルホドと「目からウロコ」が落ちる思いの話が次々と出てきます。知っているのと知らないのでは大違いです。一読の価値はありますよ。

Catagories