東京スター銀行ってどんな銀行ですか?

 

東京スター銀行ってどんな銀行ですか?

 

東京スター銀行のお得な点と残念な点

 

東京スター銀行の一番のお得な点は、通常の銀行とは違った落ち着いたゆったりした空間で、プロとしての知識のあるファイナンシャル・コーチにお金に関する相談と解決策を一緒に考えてもらえるという事でしょう。このファイナンシャル・ラウンジの訪問が無料というのはすばらしい。しかも東京スター銀行の口座がなくても大丈夫。東京スター銀行の商品を勧められるわけではない、というのも良いですね。街のファイナンシャルプランナーを尋ねたら、当然有料ですから、ファイナンシャル・ラウンジの利用は大変お得な事でしょう。

「自由な発想の銀行でありたい」というもうひとつの想いの現れである、ユニークな商品の数々。確かに「スターワン1週間円預金」をはじめ、外貨預金との組み合わせである「円活」など各種仕組預金、長期の定期預金の高金利と同時に不意の出費にも対応しやすい「ラダリング円定期預金」、出産などで家計がピンチな時には「返済休暇」がとれる「スターフィット住宅ローン」など、他とは一味違う発想の商品のラインナップは豊富です。当然、顧客の側にたった使い勝手の良さが身上と言える商品です。そして、店舗型銀行であるのに預金金利もネット銀行のランキングの上位にランクインする高金利というのも、利用価値のある銀行と言えるでしょう。

このようにインターネットでもなかなか評判の良い東京スター銀行ですが、もちろんパーフェクトというわけにはいきません。東京に本店を置く第二地方銀行ですから、当然規模は小さく、支店数はかなり少なめです。ファイナンシャル・ラウンジといわれる独特の店舗も、首都圏が中心で全国区とはいえず、地方の人は利用できないことが多いのです。

店舗が全国広く使えない、ということはATMも使えないという事ですね。提携ATMとしてセブン銀行とゆうちょ銀行があり、手数料は合計で月8回まではキャッシュバックされて無料に等しくなりますが、いつでも24時間入出金が無料というわけではありません。ATM手数料や振込料がかかると、高金利も意味が無くなってしまいます。

預金の残高と同じ金額の分にはローン金利がかからない「預金連動」が導入されているローン商品には人気もあるようです。普通預金や定期預金をまとめて住宅ローンの金利に対応できますが、集めた預金が1000万円以上になった場合、その間に万が一銀行が破綻した場合は1000万円しか預金保険の対象にならない・・・ということもありますね。東京スター銀行が今では台湾の大手銀行に買収されたということに、なにがしかの不安を感じる人もいるようです。もちろん外資系銀行であっても預金保険の対象にはなりますし、実質的な影響は何もないようですが、買い取った銀行がアジア進出の足掛かりとしているという情報もあり、今後が目が離せないですね。

Catagories